Open Ajax

用語の解説

Open Ajaxとは

(オープンエージャックス)
Open Ajaxとは、オープンソースを通じてAjax(Asynchronous JavaScript + XML)の普及促進を図るプロジェクトの名称である。
2006年2月2日、IBMを中心とした大手ベンダーらによって立ち上げられた。 AjaxはJavaScriptの組み込みクラスである「XMLHttpRequest」によって非同期通信を行い、Webページの再読み込みを伴わずにWebサーバーとXML形式のデータのとやり取りを行なって処理を進めてゆくWebアプリケーション技術である。 基本的には在来技術を応用しているに過ぎないが、その組み合わせによって実現されるシステムはWebページの双方向性を飛躍的に向上させる。 GoogleのGoogle Mapsなど、大手企業が大々的にシステムを提供したこともあり、2005年以降急激に注目を浴びている。 Open Ajaxにおける開発は、IBMが無償提供したコードを基礎として進められる。 IBMによるコードは、Ajaxを用いたプログラム開発に、統合開発環境として普及しているEclipseを使用できるように設計されている点を特徴とする。 Open Ajaxへの参加を表明している団体は、IBMのほか、開発環境を提供するEclipse Foundation、Ajaxブームの火付け役ともいえるGoogle、Ajaxアプリケーション開発を手掛けるZimbraなどがある。 他にもYahoo!、Mozilla Corporation、Oracle、Novellなど多くの企業が参加している。 Eclipse FoundationやMozilla CorporationはAjaxを用いたアプリケーションの開発とデバッグ作業を主に手掛け、Zimbraは団体に対してツールキットを提供するするなど、好連携が図られているという。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]