OpenOffice.org

用語の解説

OpenOffice.orgとは

(オープンオフィスオルグ,オープンオフィスドットオルグ,OOo,)
OpenOffice.orgとは、オープンソースで開発が進められているオフィススイートの名称、あるいは、同ソフトウェアを開発しているプロジェクトの名称である。
OpenOffice.orgは、インターネット上で配布されており、誰でも無償で入手し、利用することができる。 オフィススイートの標準的製品であるMicrosoft Officeと互換性をもっており、Microsoft Officeで扱われるファイル形式を標準でサポートしている。 Windowsだけでなく、Linuxや、FreeBSD、Solaris、Mac OS Xなどのプラットフォーム上で動作させることができる(マルチプラットフォームである)。 また、複数の言語に対応している。 OpenOffice.orgには、ワープロソフトや表計算ソフトをはじめとする基本的なオフィスソフトが含まれている。 それぞれのアプリケーションソフトは、独立したパッケージソフトとしての販売はされていない。 ワープロソフトの「Writer」 表計算ソフトの「Calc」 ドローソフトの「Draw」 プレゼンテーションソフトの「Impress」 データベースソフトの「Base」 OpenOffice.orgでは、ODF(Open Document Format)と呼ばれる、XMLベースのファイル形式が採用されている。 ODFは2006年にISOの国際標準仕様として認定されている。 なお、Sun Microsystemsでは、OpenOffice.orgをベースに独自の付加機能を追加したオフィススイート「StarSuite」を商用製品として提供している。 StarSuiteとOpenOffice.orgは、機能的にはほとんど同じであるが、StarSuiteはOpenOffice.orgにはない充実したマニュアルが用意されていること、豊富なテンプレートが用意されていること、ユーザーサポートを受けることができることなどが優位性となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]