編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

Oracle Certified Developer

用語の解説

Oracle Certified Developerとは

(オラクルサーティファイドデベロッパー)
Oracle Certified Developerとは、かつて日本オラクルの試験制度「ORACLE MASTER」で認定されていた資格の1つである。
Oracle Certified Developerでは、大規模なデータベースの管理、またアプリケーションソフトの開発に必要とされる知識や経験、能力を認定していた。 ORACLE MASTERは下位から上位の資格に挑戦していく必要があるため、まず「ORACLE MASTER Silver」を、次に「ORACLE MASTER E-Developer」を取得した後、「Oracle Certified Developer」に挑戦することができた。 2003年10月、日本オラクルのORACLE MASTERは、海外で行われているOracleの試験制度「Oracle Certification Program」と対応させるために体系が大きく変更された。 その際、アプリケーション開発の資格は「ORACLE MASTER Silver Oracle PL/SQL Developer」「ORACLE MASTER Gold Oracle9i Forms Developer」へと名称が改められている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]