PDLC

用語の解説

PDLCとは

(ピーディーエルシー,高分子分散型液晶,)
PDLCとは、高分子マトリクス内において液晶が相分離した構造を取ることを利用した液晶方式のことである。
PDLC(高分子分散型液晶)では、電場をかけない場合には、分散した液晶滴の配向ベクトルが異なった方向を向いているため、界面で光が散乱することで不透明な白色状態を作り出す。 逆に、PDLC(高分子分散型液晶)に電場を加えることによって、高分子と液晶の屈折率がほぼ等しくなり、透明状態になる。 従来の液晶ディスプレイでは、偏光板と配向板という仕組みを用いるために、構造上、入射する光の量が減少するという問題点があったが、PDLC(高分子分散型液晶)では、偏光板や配向板を用いていないために、少ない電力でより明るい画面を実現することができるといわれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]