PMP

用語の解説

PMPとは

(ピーエムピー,プロジェクトマネジメントプロフェッショナル,)
PMPとは、米国のNPO法人であるPMI(プロジェクトマネジメント協会)が認定している、PM(プロジェクトマネジメント)に関するプロフェッショナルを認定する資格のことである。
PMPでは、PMIがプロジェクトマネジメントに関する管理手法の研究の成果として発表しているPMBOK(Project Management Body of Knowledge)の知識体系に基づいて試験を行っている。 対象者はプロジェクトの進行管理に関する専門知識と経験を持つ者であり、資格取得のためには、一定の学歴条件、実務経験、PMに関する教育機関で一定時間以上の研修を受講し修了していること、その上で試験に合格することが必要となる。 試験はコンピュータ端末を利用して行われる。 英語で出題されるが、日本語翻訳表示も可能である。 試験に合格した後も、一定期間ごとに継続認定要件を満たすための研修の履行が求められ、これを満たさない者は資格を維持できない。 PMPは公的な資格ではないが、国際的に認知されている資格であり、IT業界をはじめとして評価されやすい。 日本では、PMI東京支部が情報提供やセミナーの開催を行っている。 PMPと同様のPMに関する資格試験としては、情報処理推進機構(IPA)が国家試験として認定している、プロジェクトマネージャ試験がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]