PPCP

用語の解説

PPCPとは

(ピーピーシーピー,CHRP,)
PPCPとは、1995年にApple、IBM、Motorolaの3社によって共同で策定された、PowerPCマイクロプロセッサを用いるパーソナルコンピュータ向けプラットフォーム「CHRP」の正式名称である。
発表時に正式名称として発表された。 PPCPは、当時すでに普及が進んでいたWindowsマシンと共通の部品を多く採用することで、Mac OSやWindwos、OS/2など複数のOSが利用できるプラットフォームとして開発された。 1997年以降はOSによるPPCPのサポートの多くが中止されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]