PoE

用語の解説

PoEとは

(ピーオーイー,パワー・オーバ・イーサネット,パワーオーバーイーサネット,IEEE802.3af,)
PoEとは、Ethernetで使用するLANケーブルで電力を供給する技術のことである。
PoEに対応したネットワーク機器は、電源を受ける側の機器(受電)と、電源を送る側の機器(給電)とに分けられる。 受電に対応したネットワーク機器は、給電に対応したネットワーク機器とLANケーブルで接続するだけで電源が供給されるため、電源コンセントがない場所でも設置できる。 ちなみに、最大15.4Wの電力を、合計100m以内のLANケーブルで供給できる。 無線LANのアクセスポイントやネットワークカメラなど、壁面や天井などに設置することが多いネットワーク機器では、電源コンセントの確保が課題となる。 このような機器でPoEを使用すると、電源コンセントが不要となり、LANケーブルだけで接続できるため、柔軟な設置が可能になる。 なお、PoEの仕様についてはIEEE802.3afで規定されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]