QC7つ道具

用語の解説

QC7つ道具とは

(キューシーナナツドウグ,QCノ7ツ道具,QC七ツ道具,7 QC Tools,)
QC7つ道具とは、品質管理(Quality Control)において、主に統計データのような数値によって分析するために利用される7つのツールのことである。
7つの道具は、パレート図、ヒストグラム、管理図、散布図、特性要因図、チェックシート、グラフである。 グラフを管理図に含めて、層別を7つ道具に含めることもあるなど、呼び方、区分けが微妙に違っていることがある。 これらは、数値データを元に現状分析及び課題を視覚的に整理することによって、問題解決に向けた手がかりとするための手法であり、QCの現場で活用されている。 なお、新QC7つ道具と呼ばれるツールもあり、こちらは数値データよりも定量的な表現が困難な言語データを取り扱う用途に向いている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]