QFHD

用語の解説

QFHDとは

QFHDとは、ディスプレイの解像度のうち、3840×2160ドットの解像度のことである。
QFHDの解像度はフルHDの4倍であり、画素数は約829万画素、サイズは56インチ前後となる。 4000×2000という意味で簡略に「4K2K」と呼ぶ場合もある。 QFHDのディスプレイは、2000年代後半以降に業務用途の製品が登場し始めている。 2007年に東芝ライテックが「P56QHD」を、2009年にソニーが「SRM-L560」を発売している。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]