QQVGA

用語の解説

QQVGAとは

(キューキューブイジーエー,)
QQVGAとは、ディスプレイの画面の解像度(画面を構成するドットの数)が160×120であるもののことである。
画面解像度のひとつの基準となっているVGA(640×480)と比較して、面積が1/4(quarter)のさらに1/4であるため、このように呼ばれる。 主に携帯電話や小型PDA端末などの画面に用いられる。 なお、解像度がVGAの1/4(320×240)であるものはQVGA(Quarter Video Graphics Array)と呼ばれる。 QVGAはQQVGAの4倍の面積をもつ画像が表示できることになる。 第三世代携帯電話では、ディスプレイの大型化と通信の大容量化とに伴って、QQVGAから次第にQVGAにも対応する機種が増えつつある。 そのような機種の多くは、小容量のQQVGAと高精細なQVGAを場合によって使い分けることができるようになっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]