QWERTY

用語の解説

QWERTYとは

(QWERTY)

 19世紀に考案された、英文タイプライターのキー配列の一つ。

現在でもコンピュータのキーボードのキー配列として利用されている。 上から2段目の左から6文字が「QWERTY」であることから、QWERTY配列と呼ばれる。 現在販売されているキーボードの英字パターンはほとんどがQWERTY配列を採用している。 タイプライターのバーが絡みにくいように設計されており、故意に打ちにくくしてあると揶揄される傾向があるが、実際には左右交互の打鍵になるように配慮して配置されている。 しかし、ローマ字入力を行なうと左右交互打鍵にならないため疲労が大きいとして、親指シフトやDVORAK配列を利用する人も多い。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]