RAID-5

用語の解説

RAID-5とは

(レイドファイブ)
RAID-5とは、データの高速化や安全性の向上を図る技術である「RAID」のレベルの一種で、複数のハードディスクをまとめて1台のハードディスクとして管理する手法のことである。
RAID-5は、3つ以上のハードディスクにデータとパリティという誤り検出符号を交互に書き込んでいくことで、1つのディスクにエラーが発生した際に、エラーを起こしたディスク以外に保存されたデータとパリティ情報から、壊れたデータを復旧させることが可能となる。 データだけでなく、パリティも分散して保存していくことで、より高い冗長性や高速なアクセス、大容量ディスクなどを実現する構成になっている。 RAIDには0から6まで合計7つのレベルが定義されている。 RAID-5は、RAID-1(ミラーリング)などと共に、RAIDの中でも最もよく用いられる手法の一つであるといえる。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]