ReadyBoost

用語の解説

ReadyBoostとは

(レディブースト,Windows ReadyBoost,)
ReadyBoostとは、Microsoftが開発したメモリ拡張技術で、フラッシュメモリなどの記憶装置をキャッシュメモリとして扱う技術のことである。
Windows Vista(開発コード名「Longhorn」)で初めて搭載された。 ReadyBoostでは、パソコンに接続された外付け型の記憶装置をパソコン内のキャッシュメモリと同様のメモリ領域として用いることができる。 これによって、通常はハードディスク(HDD)に退避させていたデータもフラッシュメモリ上に保持することが可能となり、従来の数倍の速度でデータを読み出すことができるようになる。 ReadyBoostでデータを書き込む際、データはあらかじめHDDに書き込まれてからフラッシュメモリにコピーされるという手順がとられるので、仮にパソコンからデバイスが突然抜かれたとしても、データを安全に保持できる。 また、ReadyBoostで扱うためにフラッシュメモリにコピーされるデータは暗号化が施されているため、取り外されたフラッシュメモリから情報が盗まれることもない。 ReadyBoostに対応しているデバイスは、USB 2.0接続のフラッシュメモリや、SDカード、CompactFlashなどがある。 とりわけメモリの増設が容易でないノートパソコンなどにおいて、ReadyBoostは効果を発揮すると言われている。 なお、ReadyBoostと並ぶWindows Vistaの高速化技術としては、SuperFetchがある。 SuperFetchでは、ユーザーのパソコンの使用パターンに基づき、頻繁に使用するファイルやアプリケーションをあらかじめメモリに読み込んでおくことで高速化を図ることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]