Rolly

用語の解説

Rollyとは

(ローリー)
Rollyとは、ソニーが2007年9月に発表したポータブルオーディオプレイヤーの名称である。
Rollyは従来の一般的なポータブルオーディオプレイヤーとは異なり、本体が楕円形で液晶ディスプレイがなく、操作ボタンは電源スイッチとプレイボタンのみが用意されている。 その中に1GBのフラッシュメモリ、スピーカー、バッテリーを内蔵している。 また、Rollyの本体には可動部分が6ヵ所、サイドランプが2ヵ所搭載されており、本体を動かしたり可動部分を回転させることによってボリュームの調整や曲目の選択を行う。 音楽データはUSBケーブルでRollyとパソコンを接続して転送するが、このとき、「モーション機能」という、本体を動かしたり、サイドランプを光らせたりする制御データも本体に転送することができる。 この制御データによって、音楽を再生させると本体が音楽に合わせて動いたり光ったりといったアクションを行わせることが可能となっている。 Rollyの寸法は、幅104×奥行き65×高さ65mmとなっている。 ファイル形式はMP3、ATRAC、AACに対応している。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]