Ruby on Rails

用語の解説

Ruby on Railsとは

(ルビーオンレイルズ,RoR,Rails,)
Ruby on Railsとは、スクリプト言語「Ruby」を用いて開発された、Webアプリケーション開発用フレームワークの名称である。
2004年7月に初めて登場した。 Ruby on Railsでは、コードのひな形の自動設定機能や、特定の機能の利用を簡略化するためあらかじめ設定された記述形式などにより、簡素かつ迅速にコーディングが行えるようになっている。 記述する必要のあるコードは他の一般的なプログラミング言語に比べて極端に少なくすることが可能であるといわれている。 また、Ajaxのライブラリがあらかじめ組み込まれていることにより、RIA(Rich Internet Applications)が比較的簡単に構築できるというメリットも持っている。 Ruby on Railsはオープンソースソフトウェア(OSS)として提供されており、公式サイトなどから無償で入手して利用することができる。 Web 2.0の潮流の一翼を担う存在とも言われており、海外を中心に採用事例が増えている。 また、Ruby on Railsを皮切りにPerlやPython、PHPといった他の言語でもRuby on Railsの思想を受け継いだフレームワークが登場している。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]