S-VHS

用語の解説

S-VHSとは

(S-VHS)

 VHSを高画質化した規格。

輝度信号の記録帯域をVHSのおよそ1.6倍に拡大し、水平解像度400本での記録を可能にしている。

 S-VHSによる記録・再生を行なうにはS-VHSに対応したデッキの他に、S-VHSに対応したテープも必要である。 最近では「S-VHS ET」規格によって、ノーマルVHSテープでも高品質なものにはS-VHSにかなり近い画質での記録ができるようになった。

 S-VHSはVHSの上位規格にあたり、S-VHS対応のデッキやテープは、それぞれVHS対応デッキ・テープとして使用できる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]