S/T点端子

用語の解説

S/T点端子とは

(S/Tテンタンシ)

 DSUとISDN通信機器の接続や、ISDN機器相互間の接続に使われるコネクタ形状。

Ethernetなどと同じRJ-45と呼ばれる8ピンのモジュラージャックが用いられ、このうち4ピンが実際に通信に利用される。

 ISDNでは、アナログ回線と同じ2線のケーブルでNTT局舎から加入者まで回線が引かれ、加入者宅内でDSUに接続され、さらにTAなどのISDN機器に接続される。 このとき、DSU側のインターフェースをT点、ISDN機器側のインターフェースをS点と呼ぶ。 ISDN機器同士を相互接続する場合は、一方のISDN機器がS点、他方がT点となる。 S点とT点は取り扱いが異なることはなく、接続の形態によって呼称が異なるだけなので、両者をまとめて「S/T点」と呼んでいる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]