S2ML

用語の解説

S2MLとは

(S2ML)

 Netegrity社が中心となって進めていた、電子商取引のセキュリティに関するオープンな標準を作成する構想。

XMLスキーマ言語やRRP(Request/Response Protocol)などを定めて、XMLを利用した安全なユーザ認証や許可の機能を実現しようとしていた。

 S2MLはオープンな標準として定義されたため、インフラの差による影響を受けず、SOAPやMIME、ebXMLなど様々なプロトコルに適用することが可能。 また、最初に一度認証を受けておけばS2MLに準拠しているサイト間は自由に移動でき、毎回認証を行なう必要がないという「シングルサインオン」機能も持っていた。

 標準化を目指してW3CとOASISに提出されていたが、最終的にOASISはS2MLをベースにAuthXMLの要素も取り入れて、SAML(Security Assertion Markup Language)をXMLベースのセキュリティ標準仕様として策定に乗り出した。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]