編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

SABM

用語の解説

SABMとは

(エスエービーエム,)
SABMとは、ABM(Asynchronous Balanced Mode)における通信モードの一種で、各ノードの間にマスター/スレーブの関係を立てることなく統合的にバランスすることのできるモードのことである。
SABMの元となっている通信モードであるABMは、データ伝送制御手順の一種であるHDLC(High-level Data Link Control procedure)で動作する通信モードの一種で、2つのノード間でP2Pの通信モードを可能にするプロトコルである。 このABMの中でもSABMは、どの局においても、トラブルからの復旧やフレーム信号の発信などを行うことができるという特徴がある。 DTE(Data Terminal Equipment)やDCE(DataCircuit Terminating Equipment)も、SABMと同様のバランスモードとして扱うことができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]