SAML

用語の解説

SAMLとは

(SAML)

 標準化団体OASISによって策定された、IDやパスワードなどの認証情報を安全に交換するためのXML仕様。

AuthXMLとS2MLを統合して標準化したもの。 認証情報の交換方法はSAMLプロトコルとしてまとめられており、メッセージの送受信にはHTTPもしくはSOAPが使われる。

 SAMLを用いることで、一度の認証で複数のWebサイトやサービスが利用できるシングルサインオン(SSO:Single Sign-On)を実現できる。 通常、認証の必要な複数のWebサイトを利用するには、ユーザはサイトごとに認証情報を入力しなければならない。 これでは手間がかかり、認証情報(IDやパスワードなど)の管理も面倒である。 WebサイトがSAMLに対応していれば、別のサイトへ移動したときに、移動元のサイトと移動先のサイトがSAMLプロトコルで通信し、自動的に認証情報が引き継がれる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]