SAO

用語の解説

SAOとは

(SAO)

 CD-Rへの書き込み方法の一つ。

「セッション」という単位でデータを書き込み、一度書き込みを行なった後に追記ができる方式。

 これに対し、ディスク全体に一度にまとめてデータを書き込む方式を「DAO」(ディスクアットワンス)、セッション内に設けられた複数のトラックという単位で書き込みを行なう方式を「TAO」(トラックアットワンス)という。

 SAOによる書き込みでは、記録開始の目印である「リードイン」と、データ本体、記録終了の目印である「リードアウト」をひとまとまりの「セッション」として書き込んでいく。 TAOと違ってデータの継ぎ目となるリンクブロックが発生しないため、音楽CDの作成にも適している。

 CD ExtraはSAOの仕組みを利用して、1枚のディスクを2セッションに分割し、前半を音楽CD、後半をデータ、というように使い分けている。 CDプレーヤーはパソコンと違って最初のセッションしか読み込まないため、誤ってプログラムデータを再生してプレーヤーが壊れる、という事故を防ぐことができる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]