SAX

用語の解説

SAXとは

(SAX)

 アプリケーションソフトが、XML文書の解釈・検証を行なう「XMLパーサ」というプログラムを利用する際に使う利用手順(API)の標準の一つ。

DOM(Document Object Model)と並んで最も広く利用されているAPIの一つである。 XML文書を一つの木構造に変換するDOMと違って、XML文書を先頭から一行ずつ順に読み込んで、要素が現れる度に対応する処理手順を呼び出すという方式を用いているため、巨大なXML文書を扱ってもメモリに負担がかからず高速に処理できるという特徴がある。 その反面、文書の構造を自由にたどれないため、処理の柔軟さに劣り、複雑な処理には向かないと言われる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]