SCORM

用語の解説

SCORMとは

(SCORM)

 eラーニングシステムの学習システムやコンテンツの相互運用性を保証するための標準規格。

1997年にアメリカの標準化団体ADL(Advanced Distributed Learning Initiative)が策定し、その後何度か改訂されている。 日本ではNPO法人日本イーラーニングコンソシアムが日本語版を公開している。

 eラーニングを実現するためには、教材コンテンツ、学習を管理するシステム、受講者の学習履歴データベースなどが必要となる。 これらを各社が独自のデータ形式や通信方式で実装すると相互運用性がなく非効率なシステムになってしまうため、これらをつなぐ標準としてSCORMが制定された。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]