SCSIカード

用語の解説

SCSIカードとは

(SCSIカード)

 拡張カードの一種で、SCSI規格に対応した周辺機器をコンピュータにつなぐための接続端子が実装されたカード。

SCSI規格はATAPI規格と比べて高速で、より多くの機器を接続できることから、サーバなどでよく採用されている。 Ultra 160 SCSI以降のSCSI規格は最高速度が32ビットPCIバスの帯域幅を上回っているため、通常のパソコンなどでは十分な性能を引き出すことができない。 このため、高性能コンピュータなどで利用される64ビットPCIに対応したSCSIカードも発売されている。 Adaptec社製のカードが最も普及しているため、同社の製品の仕様が事実上の標準規格となっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]