SDメモリーカード

用語の解説

SDメモリーカードとは

(SDメモリーカード)

 1999年にSanDisk社、松下電器産業、東芝の3社が共同開発したメモリカードの規格。

 音楽のオンライン配信に適した著作権保護機能「CPRM」(Content Protection for Recordable Media)を内蔵しており、携帯音楽機器の記憶装置としての需要を見込んでいる。 著作権保護機能はSDMI規格に適合したもので、SDMIの将来のバージョンにも対応可能となっている。

 SDメモリーカードはSanDisk社のメモリカード「MMC(マルチメディアカード)」の仕様をベースとしているため、SDメモリーカードスロットにMMCを差し込んで使用することができる(SDメモリーカードのほうが厚いので逆は無理)。

 ただし、MMCには著作権保護機能が搭載されていないため、記録の際に著作権保護機能を必要とする音楽データなどは、物理的にMMCを差し込める場合でも記録はできないようになっている。

 サイズは縦32mm×横24mm×厚さ2.1mm。 データ転送は短辺の一方に並んだ9本のピン端子で行ない、転送速度はカードごとに異なるが最高で毎秒10MB程度。 誤消去を防ぐプロテクトスイッチも付く。 最大記憶容量はカードごとに異なり、16MB~512MBの製品が市販されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]