SDAT

用語の解説

SDATとは

(エスダット,)
SDATとは、メルコ(現・バッファロー)が開発した、ATA規格とSCSI規格のインタフェースを相互に接続するための信号変換方式のことである。
SDATによって、安価なATAインターフェースの機器を、より拡張子が高くパフォーマンスの高いSCSIインターフェースに接続して使用できるようになる。 主に外付けのハードディスクドライブ(HDD)などを接続するインターフェースに用いられる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]