SDSL

用語の解説

SDSLとは

(エスディーエスエル,対称型デジタル加入者線,対称型ディジタル加入者線,)
SDSLとは、電話線を利用して高速デジタル通信を実現するxDSLの技術のうち、1対の回線を使用し、上り方向、下り方向で同じ周波数帯域を用いる方式のことである。
SDSLでは、利用者から電話局までの(上り)伝送と、電話局から利用者までの(下り)伝送とで、伝送速度が同じ(対称)であるという特徴がある。 伝送距離2km程度なら最高で2Mbpsの速度で伝送可能である。 最大の伝送距離は約7km程度である。 xDSLの方式のうち、1対の回線を使用する方式としては、SDSLの他にVDSLがある。 ただし、VDSLは上下方向の伝送速度が異なる(非対称である)。 伝送速度が対称である方式としては、SDSLの他にHDSLがある。 ただし、HDSLは複数の回線を使用する。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]