SERP

用語の解説

SERPとは

(サープ,検索結果ページ,検索エンジン結果ページ,SERPs,)
SERPとは、検索エンジンでキーワード検索を行った際、検索結果を表示するWebページのことである。
SERPは、検索キーワードに関連するWebサイトを案内するためのものである。 検索語句により密接に関連した情報を、より優先的な位置に配置させるように、検索エンジンは各自の検索アルゴリズムに基づいて検索結果の序列付けを行っている。 通常、SERPは複数のWebページで検索結果を表示する。 通常は1ページにつき10件まで表示され、下位の順位は2ページ目で表示される。 なお、Webページ内で一度に表示できる件数は設定変更できる場合が多い。 Webサイトの運営者にとっては、自分のWebページがSERPにおいてより上位に表示されればされるほど、より多数のアクセスが期待できる。 検索結果の第1位に表示されれば、最大限のアクセスが期待できる。 逆に、1ページ目で表示されないような順位では、期待できるアクセスは著しく低くなる。 このため、検索エンジンのアルゴリズムを調査・分析し、SEPRの上位へWebサイトを表示させるために対策を講じる施策が行われている。 この施策がSEO(検索エンジン最適化)と呼ばれている。 なお、GoogleやYahoo!などの代表的な検索エンジンにおけるSERPは、特にGoogle SERPやYahoo! SERPなどと呼び分けわれることが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]