SETI@home

用語の解説

SETI@homeとは

(SETI@home)

 1999年にカリフォルニア大学バークレー校が立ち上げた、地球外生命体からの電波を探索する分散コンピューティングプロジェクト。

宇宙から飛来する電波を解析し、地球外生命体からの通信を探索するシステムである。

 自然界で発生しえない強さや帯域幅をもつ電波を探索するのが目的だが、正確にこのような電波をふるい分けるには膨大な計算が必要になるため、分散コンピューティング方式が採用された。

 参加者は広く一般から募っており、普通のパソコンがあればWebサイト上での登録手続きとソフトウェアのインストールを行なうだけで簡単に参加できる。 クライアントソフトはスクリーンセーバとして動作し、コンピュータが使用されていない時間に解析を行なう。

 同様の分散コンピューティングプロジェクトにはdistributed.netがある。 SETI@homeでもユーザの統計情報は記録されるが、SETI@homeの性質上計算内容が頻繁に変わるため、複数マシンでのパフォーマンス比較などの用途には向いていない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]