SH-4

用語の解説

SH-4とは

(SH-4)

 日立製作所が開発した32ビットマイクロプロセッサ(MPU)。

同社のSuperHシリーズの第4世代にあたる。 最大動作周波数200MHzで駆動し、処理速度は組み込み機器向けMPUとしては最高の360MIPSを達成した。 1世代前のSH-3に比べ、複数の命令を同時に実行するスーパースカラ方式の採用や、データバスの64ビットへの拡張などで、大幅に性能が向上している。 128ビットのグラフィックエンジンを内蔵し、1秒間に約500万ポリゴンの3次元グラフィックス処理が実現可能である。 OSとしてWindows CEを搭載したハンドヘルドPCや、セガ・エンタープライゼスの家庭用ゲーム機Dreamcastで採用されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]