SHTTP

用語の解説

SHTTPとは

(SHTTP)

 Webサーバとクライアント(Webブラウザなど)がデータを送受信するのに使われるプロトコルであるHTTPに、データを暗号化して通信する機能を付加したプロトコル。

サーバとブラウザの間の通信を暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号などを安全にやり取りすることができる。 Enterprise Integration Technologies社が開発した方式で、初期のWebサイトではよく使われていたが、Netscape Communications社が提唱する暗号化プロトコルのSSLをHTTPに適用したHTTPSが普及したため、現在ではほとんど使われていない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]