SI接頭辞

用語の解説

SI接頭辞とは

(エスアイセットウジ,SI prefix,metric prefix,)
SI接頭辞とは、国際単位系(SI)において規定されている、単位の倍量・分量を10進数で表す接頭辞のことである。
SI接頭辞を用いることで、極端に大きい数量や小さい数量でも、簡潔に表現できる。 また、10進数に基づくため換算も容易である。 コンピュータの世界では、2009年現在、ギガ、テラ、ペタといったSI接頭辞が比較的よく用いられる。 また、ナノテクノロジーの分野ではナノやフェムトといったSI接頭辞がよく用いられる。 なお、SI接頭辞以外にも単位の接頭辞としてしばしば用いられるものがいくつかあり、それらは非SI接頭辞と呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]