SI/SO制御

用語の解説

SI/SO制御とは

(エスアイエスオーセイギョ,)
SI/SO制御とは、文字コード体系を切り替えるために使用される制御方式のことである。
SI/SO制御では、SI(シフトイン)とSO(シフトアウト)という2種類の制御コードが用いられる。 SIコードは16進数のE、SOコードは16進数のFを表現する。 これによって、7ビットのASCIIコードの文字セットに、半角カナを共存させることが可能となる。 ASCIIコードを前提としているデータ列で、JIS X 0201で規定されている16進数で21~5Fの範囲の半角カナを使用する前に、SIコードを置くと、以降SOコードが来るまでは、ASCIIコードでなく半角カナ文字として扱われる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]