SJC-P

用語の解説

SJC-Pとは

(SJC-P)

 Sun Microsystems社が認定している、Java言語の包括的な知識やJavaアプレット等の開発知識に関する資格。

基礎的な知識を中心に問う試験構成になっており、入門的な位置付けである。 「Programmer」資格の上位には「Developer」資格が用意されている。 資格認定は対応するJavaのバージョンごとに行われており、一度取得した資格は同じバージョンでは特に期限なく有効だが、別バージョンの資格を得るには再度受験する必要がある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]