SMAF

用語の解説

SMAFとは

(SMAF)

 ヤマハが提唱している携帯電話向けの音楽データフォーマット。

ADPCMに対応しており、音声を記録したファイルをSMAFファイル内に取り込んで再生させられる。

 従来から着信メロディーなどで利用されているMIDI系のフォーマットは、楽曲や音階、テンポなど、いわば「楽譜」に当たるデータを記述して、端末がそれを読み込んで再生していた。

 SMAFでは音声をそのまま取り込んで再生することができるため、従来は不可能だった肉声や様々な効果音などの再生にも対応する。 また、画面表示のためのフォーマットも規定されており、音楽と同期して歌詞や画像を表示させることも可能。

 Jフォンから販売されている携帯電話がSMAFに対応しているほか、au/ツーカーから販売されている携帯電話の一部も対応している。 SMAFに準拠したファイル(SMAFファイル)の拡張子は「mmf」。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]