SMTPサーバー

用語の解説

SMTPサーバーとは

(エスエムティーピーサーバー,SMTPサーバ,SMTP server,)
SMTPサーバーとは、インターネットやイントラネットで電子メールを送信・転送するために用いられるプロトコルで、現在もっとも普及しているSMTPに対応するメールサーバーのことである。
単にメールサーバーや送信サーバーと呼んでSMTPサーバーを指す場合もある。 SMTPサーバーは、クライアント(ユーザー)から送信された電子メールを受け取り、送信先となるユーザーのネットワークで稼動しているSMTPサーバーを探し出して転送する。 メールが受信される際には、POP3やIMAP4などのプロコトルを用いる受信用サーバーが呼び出され、SMTPサーバーから電子メールを受け渡す。 電子メールを送受信するには、インターネット上に常に接続されたサーバーと呼ばれるコンピューターを経由する必要がある。 一般的にはインターネットサービスプロバイダーが保有・運用しており、あるいは企業において社が独自にサーバーを所持している場合も珍しくない。 サーバーが用いるプロトコルは送信・転送と受信とでは異なるが、1つのサーバーが両方を同時に備えている場合が一般的である。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]