SN比

用語の解説

SN比とは

(エスエヌヒ,DU比,Signal-to-Noise ratio,Desired to Undesired signal ratio,)
SN比とは、音源を音響機器に通すことによって生じた雑音のレベルを、信号(シグナル)と雑音(ノイズ)との比率によって表した単位のことである。
デシベル(dB)の単位で表す。 SN比の示す値が大きいほど雑音が少なく、低ければ雑音の影響が多い。 主に音声信号を通信するシステムで、雑音によるシステムへの影響や入出力の状態などを評価する際に用いられる。 あるいは、元データに対する不純な信号の混入という意味で、映像の画質などを表す際にも同じくSN比が用いられる場合もある。 SN比と同じものを示す表現として、「DU比」(Desired to Undesired signal ratio)という呼び名がある。 また、信号がとくに搬送波(キャリア)である場合には、SN比の代わりに「CN比」(Carrier to Noise ratio)という呼び名が用いられる場合もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]