SO-DIMM

用語の解説

SO-DIMMとは

(SO-DIMM)

 DIMMを小型化した、ノートパソコン向けのメモリモジュール規格。

DIMMよりも基板のサイズが縮小されている。 多くのノートパソコンはメモリに144ピンSO-DIMMを採用している。 メモリの種類はそのときDIMMで主流のものが使われることが多く、DIMM同様、FPM DRAM、EDO DRAM、SDRAMのように変遷してきている。 サブノートのようなさらに小さなコンピュータ向けにSO-DIMMをより小型化したMicroDIMMという規格もある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]