SOA

用語の解説

SOAとは

(SOA)
サービス指向アーキテクチャ。
スケジュール管理や与信といった個々の業務機能を提供するアプリケーション・サーバを組み合わせて大きな業務を実現する仕組みを指す。 SOAを実現する代表的な例がWebサービスである。 Webサービスは、WWWでHTMLなどのデータを転送する際に使うプロトコルであるHTTPを用いて機能(サービス)と機能(サービス)を連携させるもの。 抽象化の粒度が荒いのが特徴である。 システムの利用者であるビジネスマンにとって重要なサービスの単位でアクセスできる。 従来は、コンポーネントや関数/クラスといった単位で抽象化しており、分かりにくかった。

  powered by. ZDNet Japan

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]