SOAPヘッダ

用語の解説

SOAPヘッダとは

(SOAPヘッダ)

 SOAPエンベロープに含まれるメッセージの一つ。

SOAPヘッダは必須要素ではないため、使用する必要がない時は省略できる。

 SOAPヘッダに記述する内容はSOAPボディと同様だが、SOAPボディではメッセージの管理に関するデータを格納することが想定されている。 例えば、データ改ざん防止のためのハッシュ値や、ユーザ認証用のパスワード、トランザクション管理のためのセッションIDなどをSOAPヘッダに記入することが想定されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]