SOAPボディ

用語の解説

SOAPボディとは

(SOAPボディ)

 SOAPエンベロープに含まれるメッセージの一つ。

SOAPメッセージのメインとなる部分で、SOAPエンベロープ内に必ず1つ含まれている。

 SOAPボディには処理本体を実行するためのメッセージを含めることが想定されているが、SOAP仕様自体ではコールを処理すべきURIや引数などの記述方法についてしか指定されていない。 実際にSOAPでデータをやり取りする場合には、プロシージャの名称や引数の内容などは開発者の判断に委ねられることになる。 SOAPボディの中に記述する要素で唯一仕様に規定があるのはエラー処理(fault要素)で、統一したエラー処理が行えるよう詳細な要素の規定がなされている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]