SONET/SDH

用語の解説

SONET/SDHとは

(SONET/SDH)

 Bellcore社によって提案されたSONETを、国際電気通信連合・電気通信標準化セクタ(ITU-TS)がSDHとして標準化した、光ファイバーを用いた高速デジタル通信方式の国際規格。

インターネットサービスプロバイダ間を結ぶインターネットのバックボーン回線などに用いられる。 SDHという名称は主にヨーロッパで用いられ、北アメリカではSONETと呼ばれることが多いため、混乱を避けるためにSONET/SDHと表記するのが一般的になっている。 SONET/SDHは主に物理層の仕様を規定しており、データリンク層のプロトコルにはATMが使われることが多い。 データリンク層にHDLCを利用して伝送効率を高めたMAPOSという方式がNTT光ネットワーク研究所によって開発されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]