SPP

用語の解説

SPPとは

(SPP)

 NVIDIA社のnForceチップセットの中で、CPUとバスの接続やメモリ関連の機能をまとめたチップ。

いわゆるノースブリッジの役割を担うチップである。 これにグラフィックス機能を統合したものを「IGP」(Integrated Graphics Processor)という。

 いわゆるサウスブリッジの機能を果たす「MCP」(Media and Communications Processor)とはHyperTransportで接続され、一対のチップセットを構成する。 Intel社の用語ではSPPはMCHにあたり、IGPはGMCHに、MCPはICHにあたる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]