SS7

用語の解説

SS7とは

(SS7)

 加入電話ネットワークを制御するために使用されている通信規約群(プロトコルスタック)。

「共通線信号No.7」などと訳される。 通話用の信号線と制御用の信号線を別々に用意して回線を制御する方式を採用したシステムで、通話中にも制御信号を送受信することができる。 SS7は大きく分けて経路情報を管理するプロトコル(MTP)と接続処理を行なうプロトコル群(SCCPやISUPなど)に分かれている。 また、SS7は通話とは直接関係しない付加機能を追加できるよう設計されており、この付加機能枠を利用して発信者番号通知や自動転送などの機能が実装されている。 SS7はITU-Tが1980年に勧告した世界共通規格だが、元々各国の実状に合わせて手直しして使うことが想定されており、日本でもSS7に日本独自の変更を加えたものが使用されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]