SSID

用語の解説

SSIDとは

(SSID)

 IEEE 802.11シリーズの無線LANにおけるアクセスポイントの識別子。

混信を避けるために付けられる名前で、最大32文字までの英数字を任意に設定できる。 複数のアクセスポイントを設置したネットワークを考慮してネットワーク識別子に拡張したものをESSIDという。 現在ではESSIDの意味でSSIDという語を使う場合が多い。

 無線LANは電波を使って通信するため、有線LANと違って複数のアクセスポイントと交信可能になる「混信」状態が生じる可能性がある。 このため、無線LANのアクセスポイントと各端末にはSSIDを設定することができ、SSIDが一致する端末としか通信しないようにすることができる。 どのアクセスポイントにも接続できる「ANY」という特殊なSSIDもあるが、製品によってはセキュリティに配慮して「ANY」設定の端末からの接続を拒否する機能をもったものもある。

 SSIDによるネットワークの識別は、見方によってはアクセス制限機能であるため、無線LANのセキュリティ機構の一つとみなされた時期もあるが、これはネットワークのユーザ全員が同じログインID/パスワードを共有するようなもので、セキュリティ対策としては脆弱すぎる。 不正アクセスや情報漏洩の対策には、暗号化などの実質的なセキュリティ技術を用いるべきであろう。

 無線LANネットワークの識別子としては他にBSSIDという48ビットの数値があり、こちらはアクセスポイントのMACアドレスと同じものである。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]