SSID

用語の解説

SSIDとは

(エスエスアイディー,)
SSIDとは、無線LANのアクセスポイントを識別するための名前のことである。
無線LANのアクセスポイントが複数ある場合に、どのアクセスポイントに接続するかを指定する必要があり、SSIDは、そのために利用される。 SSIDがわからない場合であっても、アクセスポイントから定期的にSSIDが発信(ブロードキャストと言う)されているため、ユーザーは、どのアクセスポイントに接続すれば良いかがわかる。 ただし、セキュリティ上、ブロードキャストを抑止してアクセスポイントを隠すことも可能である。 なお、Windows XPでは、SSIDをブロードキャストしているアクセスポイントと、ブロードキャストしていないアクセスポイントがある場合、ブロードキャストしているアクセスポイントを優先的に接続する。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]