SSLアクセラレータ

用語の解説

SSLアクセラレータとは

(SSLアクセラレータ)

 SSLによる暗号通信で送受信されるデータの暗号化・復号化を高速に行なう専用ハードウェアのこと。

 データの暗号化・復号化には膨大な処理が必要なため、Webサーバで処理を行なうと多くの計算資源を暗号化・復号化に費やしてしまい、暗号化しない場合に比べ著しくパフォーマンスが低下する。 このため、暗号処理のみを行なうハードウェアを用意することによって、サーバの負荷を軽減することができる。

 SSLアクセラレータは、PCIカードなどサーバ内に設置するタイプの製品と、サーバとは独立にネットワーク上に設置するタイプの製品があるが、基本的な原理は同じである。 ネットワーク上に設置するタイプのSSLアクセラレータには、負荷分散機能など、クライアントからの要求により効率的に応答できるようサポートする機能を備えているものもある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]