SSL-VPN

用語の解説

SSL-VPNとは

(SSL-VPN)

 暗号化にSSLを利用するVPN技術。

多くのWebブラウザやメールソフトは標準でSSLに対応しているため、リモートアクセス用途などで手軽に導入できる。

 インターネットなどの公衆回線網に暗号化された仮想回線を構築し、企業の拠点間などを安全に結ぶ技術をVPNという。 従来はIPsecなどを使いネットワーク層レベルで仮想的な回線を用意し、アプリケーションからは透過的にネットワークを利用できる技術が主流だったが、このアプローチは汎用性が高い反面、回線の両端に専用のVPN装置を用意する必要があるなど本格的で、導入に手間とコストがかかった。

 SSL-VPNはWWWの暗号化などで標準的に用いられているSSLで仮想回線を構築する技術であり、サーバ側にはSSL-VPN装置が必要だが、クライアント側はアプリケーションがSSLに対応していればよく、簡単に導入できる。 アプリケーションが個別にSSLを実装していなければ利用できないが、主要なWebブラウザやメールソフトはHTTPSやPOP over SSLに対応しているため、イントラネットのWeb閲覧やメールの送受信などに用途を限れば十分実用になる。 出先から社内に接続するといったリモートアクセス用途に適したVPN技術である。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]