STN液晶

用語の解説

STN液晶とは

(Super Twisted Nematic liquid crystal)
STN液晶とは、液晶ディスプレイのひとつで、交差した電極に電圧をかけることで画素を発光させる単純マトリックス方式を改良した方式のことである。
着色された液晶版の上に、モノクロの場合は遮光版を、カラーの場合はRGBのフィルターを重ねて、表示色の変化によって表示される。 STNに先立つNT液晶の、液晶分子のねじり角をより大きくすることで、光の透過と遮断のコントラストが高められている。 1990年前後のワープロ専用機を始め、携帯電話などに採用されて普及した。 その後、さらに応答速度などが向上されたDSNT液晶が登場した。 単純マトリックス方式は、TFT液晶などに代表されるアクティブマトリックス方式に比べて構造が比較的単純なので、製造コストは安く、品質において劣るのが特徴となる。 しかし、TFT液晶の低価格化に伴って、液晶ディスプレイの主流の座はすでにTFT液晶のものとなりつつある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]