SUS

用語の解説

SUSとは

(SUS)

 Microsoft社が企業のシステム管理者向けに無償で提供しているソフトウェアで、その企業のネットワーク上にWindows Updateサービスを提供するサーバを構築することができる。

 Windows UpdateサービスはMicrosoft社が提供する、同社製ソフトウェアの修正モジュールのダウンロードサービスで、最近のWindowsはこれにアクセスするクライアント機能を内蔵している。

 企業で多くのWindowsパソコンを稼動させていると、各々がWindows Updateにアクセスして同じソフトウェアを個別にダウンロードしようとするため、ネットワークへの負荷が重く、非常に効率が悪いことが問題となっていた。

 SUSを使うと、企業のネットワーク上に修正モジュールのダウンロードサイトを構築することができ、各クライアントにこちらを参照するよう設定することで、効率よく修正モジュールの配布・適用を行なうことができるようになる。 また、設定により自動的にアップデートを行なうよう仕込むこともできる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]